看護師よめこの看病

Uncategorized


こんにちは、よめこです。

初投稿です。よろしくお願いします。

突然ですが、よめこ情報は下のような感じです。

よめこ🙋‍♀️ 20歳代 看護

旦那さん🙋‍♂️ 20歳代 会社員

うちの天使🐶 トイプードル 2歳くらい

よめこ情報は徐々に増えていくと思います。

今回は、看護師であるよめこの日常を見ていってください。

事の発端は、旦那さんの体調不良…。

残業続きと寝不足で体調を崩した旦那さん。

その日は早退しベッドに潜っていたそうです。

仕事終わりにLINEで知った私はすぐに電話しました。


「もしもし。体調どんな?頭痛くない?喉は?熱は?お昼食べた?何なら食べれそう?」

寝ぼけながら電話に出た旦那さん。


「お昼食べた。バスチー食べたい」

なんてかわいいやつ。

バスチー食えるなら元気じゃねえか。

ひと安心しながら

コンビニへ車を走らせました。


帰宅して顔色確認。ふむ、大丈夫そう。

ひとまず手洗いをして再度訪室。

「ただいま。バスチー買ってきたよ」

バスチーに喜び、綺麗に平らげた旦那さん。

食欲もあるし大丈夫か。

そんなことを思っていると、旦那さんが一言。

「なんか仕事みたい!もっと優しくして(´;Д;`)」

ん???

優しいぞ?いつもの何倍も優しいぞ?

きっと電話越しの声は史上最高に優しかったであろう。

バスチーは私のポケットマネーだ。

しかもコンビニに寄り道までしている。

晩ごはんも食べれるもの(うどん)を作ったぞ?

おかしい。

こんなに優しくしているのに…🤔


結局のところ旦那さん曰く


・看護師の仕事している時みたい

・すごく情報収集されてアセスメントとやらをされている気がする

・ちがう!優しく甘やかしてほしいのに!

・うわーん(´;Д;`)

どうやら、無意識のうちに看護師として対応してしまっていたようです。

ある意味職業病?

優しくしているつもりだけど、

・病院に行く必要があるか
・ある程度の原因の特定と回復までの時間
・症状に応じた準備(吐きそうなら洗面器とか)
・脱水予防、栄養補給の方法
・体温調節
などなど

今思えば、仕事中と同じ思考で動いていたかもしれません。

世の中のお母さんはきっとこんな感じのような気もするけれど。

ちなみに、うちの旦那さんは日頃から優しくて甘やかしてくれるのですが(惚気)

体調が悪い時(主に生理)はさらに甘やかします。

口を開ければプリンが投入されますよ笑

きっと旦那さんが求めているのはそんな感じなのかなと思います。

今度体調崩したら、プリンをスプーンですくって投入してあげよう😏

皆さんは家族や恋人にどうやって看病されたいですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました